Air du Temps

フランスのアクチュアリテ

PROFIL

chaosmos

Auteur:chaosmos
動物占い クジラ
家電占い 家庭用ゲーム機
山手線占い 渋谷
哲学者占い フーコー
日本歴史占い 猿飛び佐助
前世占い 将軍

ARTICLES RECENTS

RECHERCHE

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲  このエントリーを含むはてなブックマーク 

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

また私の日記内でこちらにリンクさせて頂きました。

突然(あるいは必然の事だったのかもしれませんが)のことに驚きが隠せません。またあの仰々しい軍隊の警備かと思うと気が重いです。でもホントに他人事には出来ないくらいすぐ自分にも降り掛かって来る出来事な気がします。
2005.07.08[Fri]  投稿者:ramune  編集  Top▲

ramuneさんへ。
フランスでも厳重な警備態勢が敷かれていますが、残念ながら100%安全が保証されるわけではありません。今回バスでの爆発は自爆テロ(KAMIKAZE)とも言われていますが、もし本当なら犯行を未然に防ぐ以外に不幸は避けられないでしょう。したがって脅威と共に日々の生活を送ることになりますが、さしあたってロンドン市民のように平常心を保ち、毅然とした態度でいるしかないように思われます。各自が、なぜテロが起るのかなどを考えるのは大切だと思いますが、どうやってテロの脅威から身を守るかを考えることは特にないと思います。
2005.07.09[Sat]  投稿者:chaosmos  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://chaosmos.blog11.fc2.com/tb.php/33-fd328b93
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

フランスでの対テロ政策

・プラン・ヴィジピラット(plan vigipirate)

 1978年、ヨーロッパでテロ活動が台頭するなか、当時の大統領ヴァレリー・ジスカー・デスタン政権下で創られた対テロ政策プラン・ヴィジピラット。黄色→オレンジ→赤→深紅の4色で、その危険度が表現されている。今朝ロンドンで起った同時テロ後、フランスも厳戒態勢に入り、ドゥ・ヴィルパン首相によって危険度が赤に引上げられた。
 危険度が赤になると、駅、空港を始めとする交通機関内を始めとする重要な公共施設、あるいは繁華街などに軍隊が配置され警備が強化される。また駅構内にあるコインロッカーの使用禁止やごみ箱の封鎖(通りにあるものは透明のビニール袋に以前から変えられていたりもする)、公共水道施設の監視なども行われる。さらに大型店舗などにおいても、独自の警備システムが強化され、場合によっては入口にて所持品検査などが行われるようになる。危険度が赤に上げられたのは、最近では2004年マドリッドで起きたテロ以来である。
 フランスが標的になった95年の一連のテロ以来、政府が市民に直接促している注意としては、1)放置されている不審物を発見した場合すぐに警備にあたっている者に知らせること、2)かばんなど自分の所持物から身を離さないことなどであるが、こういった注意は最低限のことであるように思われる。
 *
 今回ロンドンで起ったテロの報道は、もちろんフランスで大きく取り扱われている。アフガニスタンでの軍隊駐留、イラクへの軍事介入などによって、ヨーロッパ内でもテロの標的に一番なりやすいとされていたロンドン。市民の多くは、近いうちに来るのではないかと、十分に意識していたらしい。ロンドンは、街の到る所ににヴィデオカメラが設置され、ヨーロッパ内でも警備システムが優れている都市と言われている。それでも防ぐことが出来ず大惨事と化した今回のテロは、それを遂行する組織の大きさを知らしめるのに十分である。
 ブッシュ米大統領が訪英の際、イスタンブールで起ったHSBC英国銀行と英国領事館を狙ったテロ。国会議員選挙を3日前に控えるマドリッドで起った同時テロ。G8開催中に起った今回のテロ。これらすべては、明らかにイラク軍事介入が直接的原因になっている。いかなるテロ行為も正当化され得ないにせよ、それを非人間的・野蛮な行為として糾弾することは、あまりにも安易であり、たんに思考の怠慢でしかないように思われる。民主主義という仮面を被って行う列強の対イスラム諸国への干渉が一方的に正当化されている間、両者間に生じた軋轢が無くなることはない。
スポンサーサイト
2005.07.07[Thu] Post 23:53  CO:2  TB:0  政治  Top▲  このエントリーを含むはてなブックマーク 

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

また私の日記内でこちらにリンクさせて頂きました。

突然(あるいは必然の事だったのかもしれませんが)のことに驚きが隠せません。またあの仰々しい軍隊の警備かと思うと気が重いです。でもホントに他人事には出来ないくらいすぐ自分にも降り掛かって来る出来事な気がします。
2005.07.08[Fri]  投稿者:ramune  編集  Top▲

ramuneさんへ。
フランスでも厳重な警備態勢が敷かれていますが、残念ながら100%安全が保証されるわけではありません。今回バスでの爆発は自爆テロ(KAMIKAZE)とも言われていますが、もし本当なら犯行を未然に防ぐ以外に不幸は避けられないでしょう。したがって脅威と共に日々の生活を送ることになりますが、さしあたってロンドン市民のように平常心を保ち、毅然とした態度でいるしかないように思われます。各自が、なぜテロが起るのかなどを考えるのは大切だと思いますが、どうやってテロの脅威から身を守るかを考えることは特にないと思います。
2005.07.09[Sat]  投稿者:chaosmos  編集  Top▲

TRACKBACK

フランスでの対テロ政策 のトラックバックアドレス
http://chaosmos.blog11.fc2.com/tb.php/33-fd328b93
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。