Air du Temps

フランスのアクチュアリテ

PROFIL

chaosmos

Auteur:chaosmos
動物占い クジラ
家電占い 家庭用ゲーム機
山手線占い 渋谷
哲学者占い フーコー
日本歴史占い 猿飛び佐助
前世占い 将軍

ARTICLES RECENTS

RECHERCHE

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲  このエントリーを含むはてなブックマーク 

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://chaosmos.blog11.fc2.com/tb.php/25-61bc832b
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

SOLDE

昨日からパリのSOLDE(ソルド)が始まりました。日本でも「ソルド」という語がすっかり定着しているようですが、やっぱり「バーゲン」の方が一般的ですよね?ある友人(在仏日本人)は「セールス」と言っていました。「セール」と言いたいのだとわかるまでかなり時間を要しま .....続きを読む
2005.06.28[Tue]  発信元:L'ECUME DES JOURS ~日々の泡~  

SOLDE

・夏のソルド

 昨日からパリを含む37の県でソルドが始まった。残り地域でも来週から始まる。フランス人のソルドに対する関心度は高く、今やローラン・ギャロスとヴァカンスの間に位置する一大行事と化しているとまで言われている。初日の様子は毎回メディアでも報道されるが、数日前から目をつけている商品を目指し開店と同時に走っていく消費者の姿など、購買力を促進させるようなお決まりのイマージュばかりである。
 フランスにおいてソルドは年2回、全国ほぼ一斉に行われる。毎年各県の行政によってその開始日や期間などは定められ、小売業者はこれに従わなければならない。このことは無論、すべての商店がソルドを行う義務があるという意味ではなく、行政区が決定する開始日を守る必要があるということである。このことは、ソルドを巡る業者間の過剰な競争を防ぐために機能している。またソルドにおける対象商品に関する重要な規定としては、その年に新たに入荷されたもので少なくとも開始30日前から陳列されているものでなければならないというものである。これは消費者を保護する目的で定められている法であり、ソルド用の商品を特別に製造し安く販売することなどを未然に防ぐためだとされている。
 このように様々な仕方で統制されているソルドであるが、今回その期間に関して一部の小売業者から不満の声があがっている。今年は例年の6週間から4週間に期間が短縮されたが、これに関してはさほど問題はないようである。一方で、当初6月の最終水曜日と予定されていた開始日が、今回5日早められたことに問題があるらしい。これによって、通常より利益を得るのはデパートや人気ブティックなどで、ショッピングモールなどに入っていないごく普通の店舗にとっては苦戦を強いられるといわれている。
 フランスでは7月からヴァカンスシーズンに入るため、都市部の人口が激減する。もし29日に開始されることになっていたとするなら、売上も減ることは必至だという判断されたようだ。したがって、ジュリエティスト(7月にヴァカンスをとる人々のこと)を考慮に入れ、かつ結果として大型店舗が有利になるよう、今回週末にも重なるように5日早めたというのである。元々集客力のあるデパートにとっては、ジュリエティストらの購入期間が増すに比例して全体的に売上がよくなると考えられているのである。一方で小型店舗主の立場からすると、できる限り開始日を後に延ばしたいというのが本音であろう。やっと夏物のシーズンが到来した矢先に即ソルドというのでは、たとえ商品が売れるにせよ、やはり期待される利益は減るからである。彼らにとっては例年の開始日でも早すぎると言われているが、今回は週末も含め正規価格にて販売可能な日をさらに数日失ったのわけである。
 確かに衣料など夏物のソルドは、夏の終わりにというように考えるのが普通だと思われるが、初夏に始まるフランスでは消費者にとってはありがたいことである。しかしながら今回5日早まった開始日に対して不満をもらしているのは、小型店舗主だけでなく、消費者のなかにもいるというから驚きだ。なぜならそのことで、より多くの選択がある初日が結果的に給料日前になってしまったからだ。ジュリエティストを考慮にいれた策が、結局ヴァカンスにも出れかつソルドにて買物をする余裕のある、ブルジョワ本位のものになったということだ。階級差に由来する問題に対し、常に敏感に反応するフランスらしい意見であるように思われる。


スポンサーサイト
2005.06.25[Sat] Post 18:09  CO:0  TB:1  文化  Top▲  このエントリーを含むはてなブックマーク 

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

SOLDE のトラックバックアドレス
http://chaosmos.blog11.fc2.com/tb.php/25-61bc832b
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

SOLDE

昨日からパリのSOLDE(ソルド)が始まりました。日本でも「ソルド」という語がすっかり定着しているようですが、やっぱり「バーゲン」の方が一般的ですよね?ある友人(在仏日本人)は「セールス」と言っていました。「セール」と言いたいのだとわかるまでかなり時間を要しま .....続きを読む
2005.06.28[Tue]  発信元:L'ECUME DES JOURS ~日々の泡~  

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。