Air du Temps

フランスのアクチュアリテ

PROFIL

chaosmos

Auteur:chaosmos
動物占い クジラ
家電占い 家庭用ゲーム機
山手線占い 渋谷
哲学者占い フーコー
日本歴史占い 猿飛び佐助
前世占い 将軍

ARTICLES RECENTS

RECHERCHE

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲  このエントリーを含むはてなブックマーク 

ブラックリスト

・危険な航空会社

 「お陽さま方面、まだチケットあります。」フラッシュを使用した派手な広告がインターノートらの欲望をくすぐる。新学期も始まろうとしているこの時期、旅行会社にとっては最後の客獲り合戦に必至である。

 相次ぐチャーター機墜落の大惨事。子供の時分、チャーター機と言うとVIPが乗るビジネスジェットという高級なイメージしかなかったが、今では定期運航していない場所や定期便ではまかなえない時期の移動のため貸切る航空機のことも言う。サッカー観戦のためのサポーター移動のためや、ヴァカンス時などの増強企画便としてチャーター機を利用することが多い。多くのフランス人観光客が犠牲になったエジプトとベネズエラで起った惨事は、いずれもヴァカンスの最中で各航空会社にとっては書き入れ時であった。老朽化した機体だけでなく、点検のための時間をあまり割かず、過剰なスケジュールで飛行し続けていたことも一部では問題視されているが、亡くなった人らはもう還らない。墜落事故直後に利用する者を考慮してであろうが、飛行機は最も安全な交通機関であると、各メディアは繰り替えし呼びかけている。事故数と死傷者数などを相対的に見る限り確かにそうであろう。しかし、ひとつの生を一般化して語れないことは、今更言うまでもないことである。
スポンサーサイト

▽この記事の続きを読む?

2005.08.30[Tue] Post 20:38  CO:0  TB:2  社会  Top▲  このエントリーを含むはてなブックマーク 

夏の終わりに

・欧州列車の旅

 昨日10日振りにパリに戻ってきた。日本への一時帰国以外で、10日もパリを離れたのは初めてではないだろうか。今年の夏は旅行する機会に恵まれた。帰国しても東京にいることが多いので、ひざびさに延々と続く田園風景を見ることができたわけである。出発の当日、まず東駅からストラスブール経由でドイツに入った。パリからの直線距離はナント、リヨンなどの都市とストラスブールは変らないが、TGVが未だ開通していなため(2007年予定)列車で4時間近く掛かる。したがって直線距離ではさらに遠いがTGVで行けるボルドーやアヴィニョンよりも、時間が掛かるということになる。TGVが開通することによって現行の3h50から2h20へと大幅に短縮されるため、ストラスブール・ドイツ方面も、列車でだいぶ行きやすくなるわけである。



▽この記事の続きを読む?

2005.08.28[Sun] Post 02:37  CO:0  TB:0  私事  Top▲  このエントリーを含むはてなブックマーク 

プレスの中のアヴィニョン 3-2(リベ編)

・アヴィニョン・フェスティヴァルで引起された諸論争は進歩拒絶のサインであるのか?
 斬新さが演劇の未来を左右する Par Salvador GARCIA 
 Salvador Garcia est directeur de Bonlieu, Scene nationale d'Annecy. 28/07 リベラシオン紙

▽この記事の続きを読む?

2005.08.11[Thu] Post 19:10  CO:1  TB:0  文化  Top▲  このエントリーを含むはてなブックマーク 

プレスの中のアヴィニョン 3-1(リベ編)

・アヴィニヨンでおとがいをたたこう Avignon : on y tance

  リベラシオン紙 23/07 Par Antoine de BAECQUE et Rene SOLIS

 いくつかの失敗によって指摘された、非常に急進的かつ容易ならない第59回のプログラムは汚名を着せられる対象には値しなかった。

* * * * *

▽この記事の続きを読む?

2005.08.10[Wed] Post 22:24  CO:0  TB:0  文化  Top▲  このエントリーを含むはてなブックマーク 

プレスの中のアヴィニョン 2-2(フィガロ編)

・アヴィニヨン、もはやこれまで Armelle Heliot 21/07 フィガロ紙

▽この記事の続きを読む?

2005.08.09[Tue] Post 20:35  CO:0  TB:0  文化  Top▲  このエントリーを含むはてなブックマーク 

プレスの中のアヴィニョン 2-1(フィガロ編)

・アヴィニヨンで立腹する観客 Armelle Heliot 21/07 

 参考のため、フィガロ紙の論説の訳文を二つ載せときます。長くなるので、二つに分けます。

▽この記事の続きを読む?

2005.08.09[Tue] Post 20:27  CO:0  TB:0  文化  Top▲  このエントリーを含むはてなブックマーク 

プレスの中のアヴィニョン 1

 第59回アヴィニョン演劇祭は先月末に幕を閉じたが、それに先立つ1週間前からプレス上で論争が繰り広げられていた。この論争の一連の流れは、要点を簡潔にまとめられているREVOLさんのブログを参照していただくとして、ここではいくつか気になる点について書きとどめておくことにしよう。

 アヴィニョン演劇祭に関する批判は毎年のように行われており、こちらの方も制度化されたものになっている。諸々の批判は、INと称される公式プログラムとして上演される諸演目に関してと、それに関るアーティストらのみに集中するのが習慣となっている。このことを特に問題にすることはないが、何かと話題になるINだけでアヴィニョンが成り立っているわけではないことは、一度でも訪れたことのある人にとっては明らかなことである。
 言論の自由という名において、自己責任で好きなことを書き立てるのは別に構わない。しかし、一部の批評家らがINについて批判あるいは非難するさいに、まるでフェスティヴァル全体が危機に陥っているような誇張表現はいささか問題であると思われる。今更確認するまでもないことだが、アヴィニョン演劇祭は、町の有名な広場だけでなく到るところで行われ、すべてを踏破することは不可能な数の非公式(OFF)演目によっても構成されているのである。OFFというカテゴリーに誇りをもっている諸アーティスト、またはOFFを目当てにアヴィニョンに来る観客もいるわけで、自分としてはこちらの方が、活気があって興味あるものが多くあるように思われる。自らを表現するためには、視聴効果に多く訴えるような大掛り舞台演出は必要としない、少ない予算で頑張っているOFFのアーティストらも多く存在する。厳しい訓練によって鍛えぬかれた身体と、芸術的センスがあれば十分に表現できることを知っているような印象は、今回見たOFFのある演目から受けたものである。
 芸術作品の批判や批評を行うのはあまり好きではないが、どうせやるなら真に共振あるいは共鳴させられた作品に対して、人と感動を共有できるように書きたいと思う。そういった作品が、たまたま公の趣味や支配的な価値観に一致しないだけでなく、何か不当な評価をくだされているものであるなら、書いてみようという気がさらに増すというものだ。芸術作品に関して、つまらないと感じるものに悪意をもって書き、公表し、他人に共感を求めること自体、悪趣味であろう。また今回、フィガロ紙の記者が取り沙汰している舞台裏の話題についても、よくある話なので取り立てて問題にするようなことのないような気がする。
 あらゆる芸術の分野で、世界をリードしてきたフランス。無論、世界中から集まる外国人アーティストらの貢献度も非常に大きかったわけである。しかし近年において、絵画にせよ映画にせよ、全体的に面白いものが激減した印象を受けるのは自分だけであろうか。演劇が特別に好きなわけでもないが、もし文化大国と言われつづけてきたフランスがある種のノスタルジーに浸っているのだとしても、そのなかにあって前衛演劇・ダンスは、いまだレベルの高いものを創造しているように思われる。

 
2005.08.08[Mon] Post 23:53  CO:0  TB:0  文化  Top▲  このエントリーを含むはてなブックマーク 

ジダン、フランス・ナショナルチームに復帰!

・Allez, les Bleus !

 昨年、フランス・ナショナルチームから一度、引退を表明したジダン選手が、再度チームに合流することを決めた。来年、ドイツで行われるワールドカップでの活躍を期待することにしよう。彼からのコメントは、公式サイトhttp://www.zidane.frで読むことができますが、訳文を載せておきます。

▽この記事の続きを読む?

2005.08.04[Thu] Post 08:49  CO:0  TB:0  スポーツ  Top▲  このエントリーを含むはてなブックマーク 

検索ワード

・検索ワード

 自分にとっては珍しく、ヴァカンスに出てました。普段は、あまり旅行とかは好きではないので、パリから出るといっても友人に会いに行く程度です。自宅でやることは多いし、ヴァカンスで人の少なくなる静かなパリで過ごすのは嫌いではありません。フランス人に言わせると、過去にパリから3年も4年も離れないでいることもあった自分は気狂いらしいが、もしそうなら自分の本当に親しい友人には気狂いが多いことに気づきます。
 また、少しづつ更新していきたいと思っています。更新をしなかった間も、いくらかアクセスがあったことを、うれしく思っています。一応、解析をつけておりますが、自分に興味あるのは検索ワードのみで、それ以外はまったく見ることはないです。過去3ヶ月の間で、一番多かった政治についての検索ワードは、「EU憲法」関連で、次いで「サルコジ」、「ドゥ・ヴィルパン」という順でした。尚、文化関連では、「アシア・ジェバール」で、「アヴィニヨン演劇祭」が続いています。
 政治の話題はとりあえず横に置いておいて、今回アヴィニョンにも行ってきたので、それについて整理して何か書いてみようかと思っています。しかしいまだ、ヴァカンス・モードであるために、更新の方もヴァカンス・モードになるかと思います。ではでは
2005.08.04[Thu] Post 07:11  CO:1  TB:0  未分類  Top▲  このエントリーを含むはてなブックマーク 

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。